令和7年 (2025年)4月 総合環境理工学部(仮称)  開設に向け構想中

     本学では、理工学部を改組し「総合環境理工学部(仮称)」を新たに設置すべく準備を進めています。

  総合環境理工学部(仮称)は、理工学の基礎と応用を総合的に学ぶことができるように4学科8コースを3学科に統合するとともに、グリーン社会実現に関連した科学技術分野の教育研究を強化します。確かな専門性を身に付け、専門分野にデジタル技術を活用する能力や異なる専門分野を理解して協力できる能力を育み、新しい時代で活躍できる人材を養成します。

 学科別入試(総合型、前期、後期)を実施し、入試科目は数学(数Ⅲを含む)、理科(物理、化学、生物から選択)を予定しています。入学後は2年次後期から各コースにより、専門性の高い科目を履修します。

 

概要

設  置 学 部

総合環境理工学部

設置学科・コース

応用化学生物学科 【入学定員: 100名】

 ◎生物学コース 

 ◎有機・高分子化学コース  

 ◎応用化学コース

環境数物科学科  【入学定員:90名】

 ◎数理科学・地球環境学コース 

 機能デバイス物理コース

社会システム工学科【入学定員:125名】

 ◎モビリティコース  

 ◎電気システムコース  

 ◎社会基盤コース

開 設 時 期

令和7年(2025年)4月

 ※ 上記内容はいずれも予定であり、変更が生じる可能性があります。

 

公開資料

〇 総合環境理工学部(仮称)リーフレット(令和5年10月時点情報)

 

入学試験等について

    令和7年 (2025年)における入学定員、募集人員、入学者選抜方法については、追ってお知らせします。

 

お問い合わせ

 秋田大学 大学院理工学研究科 総務担当

 E-mail:koso@jimu.akita-u.ac.jp

*2023年10月更新