秋田大学理工学部では、授業改善及び教育的効果を高めることを目的として、学生による授業評価調査を実施しています。今年度「学生からの評価が高い授業」通算5回の認定に達した教員は、生命科学コース・涌井 秀樹教授、人間情報工学コース・景山 陽一教授、機械工学コース・杉山 渉講師。3名には令和2年12月17日(木)に山村 明弘理工学研究科長より「授業優秀教員」の表彰状が授与されました。

今年度受賞教員

生命科学コース  教授 涌井 秀樹  

 「人体の正常構造と機能」に関する基本事項と、病気の成り立ちに関する医学的な内容ですが、学科の皆さんに分かりやすく解説することを心がけています。授業での学びが、皆さんの今後に役立つことを期待しています。

人間情報工学コース  教授 景山 陽一

 授業は、受講生の皆さんと一緒に作り上げていくものと思いますので、この度の表彰 を光栄に思うと共に、大変感謝しています。何のためにこの授業を受けるのかをイ メージしてもらい、問いかけや演習課題を通じて理解度を高めるようにしています。

機械工学コース   講 師 杉山 渉

 授業では学生の表情や反応、そして演習の様子や出来等をよく見て、補足や改善等を行うようにしています。
 今回表彰していただきましたが、授業には未だ不十分な点が多くあるので、今後も改善に努めたいと思います。