コースの概要

機械工学コースでは、より便利で豊かな人間生活を支え、自然環境を守るためのメカニクスに関する教育研究を行います。メカニズムはもちろんのこと、材料力学、流体力学、熱力学、機械力学、制御工学の基礎学問に加え、ナノテクノロジー、エネルギー、医療福祉、ロボットなどの応用科目を学ぶことにより、これからのエンジニアとしての素養を身につけます。

コースの特徴

近年、急速な科学技術の発展に伴い、二酸化炭素排出による地球温暖化や原発事故による環境汚染、風力や地熱に代表される再生可能エネルギーの開発など、様々な社会問題に直面しています。また、少子高齢化に伴う医療福祉技術の向上は喫緊の課題であり、新たな産業の創出と雇用促進のためにも、機械工学の果たす役割はますます大きくなっています。本コースでは、機械工学の基礎学問を重視した教育を行い、協調性、自主性、問題解決力を合わせ持ち、幅広い産業界へ貢献できる機械技術者を育成します。さらに、学部で学ぶ基礎を生かし、最先端の研究に携わることで知識と経験を積み上げる大学院への進学を推奨しており、6年一貫教育を通じて新しいメカニクスを創出できる人材を育成します。

どんな人材を育てるか

機械に関する基礎学力を備え、社会の変化に柔軟に対応する応用力を持ち、協調性、自立性、問題解決力を併せ持つ将来のエンジニアを育成します。

研究テーマ

ナノメカニクス分野

熱流体科学分野

再生可能エネルギーの探究や地域に関連した熱流体工学的諸問題の解決、 および先端的な熱流体機器内における輸送現象を科学的視点から解明しようとしています。

室温-20℃でも凍結しないで水を流すことができる排水管

小型サポニウス風車の実験

発電用プロペラに対する誘導場の解析結果

ヒューマンメカトロニクス分野

高齢化社会にも対応できる医療・福祉機器の開発のみならず、幅広い産業基盤を支えるためアクチュエータ、センサ、制御などの要素とシステム化について研究しています。

筋活動とモータを協調制御するリハビリロボットの研究

手術支援を行う医療機器を開発するための動物実験

IPネットワークを利用した遠隔操作システムの研究

先輩からのメッセージ

ものづくりに惹かれて
機械工学コース2年 Y.N.さん (千葉県出身)

私は“ものづくり”に興味があり本コースへ入学しました。
1年生では数学や物理、英語の他、メカニズムなどの座学を学びながら、実習や課外活動でものづくりを行い、何に興味があるかを再認識しました。また先輩方から、機械工学が様々な分野で必要とされ、社会を支えていることを教わりました。2年生以降でも、日々変化しているものづくりへの探求心を忘れず、自分の将来を考えながら色々なことを学んでいこうと思っています。

 

専門科目を学び、実践力を磨く
機械工学コース4年 T.S.さん (秋田県出身)

機械工学コースでは、エンジニアとして必要な材料、設計、製図など多くの専門科目を学びます。また理工学部では、多くの学生自主プロジェクトを支援しており、私は1年次からロボットプロジェクトに参加しております。この活動では、講義で学んだことを生かしてロボットを設計したり、また講義では学ぶことができない電子回路の製作や無線でロボット制御するためのプログラム製作などを行っています。皆さんも機械工学コースで多くの知識を得て経験を積み、社会で活躍できるエンジニアを目指しましょう。