コースの概要

21世紀は生命科学の時代と言われており、ヒトの全遺伝子配列の完全解読が終了し、生命科学研究は生体分子の構造と生理機能解析に移行しています。

生命科学科は、これまで複雑かつ難解であった生命現象を、生物学・化学を中心に、原子・分子レベルで解析することにより、医薬品や健康食品などの生命科学産業にとって必要な基礎的要素を身につけた人材を教育することを目標としています。

生命科学科は原子レベルでの生体分子の解析から、細胞、個体の生理機能解析に至るまで多岐にわたるほか、自然界からの有用生物・遺伝子などの検索や、生体素子のデザイン応用まで、独創的かつ斬新な教育研究を行っているスタッフから構成されています。

生命科学科は研究者・技術者を目指す次のような人を求めています!

  • 生命科学に深い興味をもち、研究を通じて社会に貢献したいと願う人
  • 独創的な研究により、生命科学における新発見をめざす人
  • 自ら考え行動する積極性のある人

どんな人材を育てるか

将来の生命科学の研究者や高度な技術者を養成し、生命科学の知識や思考を生かせる職業に携わり、開拓的な役割を担うことができる人材を養成します。

研究テーマ

生物機能分子合成化学・超分子化学分野

生命現象を制御する有機化合物の創成。

生物機能の発現・観測・模倣を目指した有機化学的研究に取り組んでいます。
具体的には、医薬品の種として期待される特異な生物活性を示す天然物の全合成と活性発現機序の解明、細胞の分子標的を特異的かつリアルタイムにその場観察する化学修飾電極の開発、超分子相互作用を利用した特異な機能を持つ非天然有機分子の創成とその構造・物性・生物学的研究、を内容とします。

生物分析化学・生物構造化学・計算化学分野

酵素反応の構造解析。反応開始時(0min)では基質(上部の緑色の網掛け)が活性中心(下部の緑色の網掛け)の上部にあるのに対し、50分後では酵素基質複合体になっている。

タンパク質のかたちとはたらきを知り、医療や産業に導く研究

タンパク質は、例えばヒトには10万種類が存在すると考えられ、様々な生命現象の主役を担っています。私達の研究室では、様々な疾患の原因となるもの、産業用触媒や農作物の病害菌駆除に役立つもの、あるいは、ナノマテリアル材料となるものなど、重要なタンパク質を選択し、それらのはたらき(機能)とかたち(構造)を分子レベルで明らかにすることで医療技術の発展や環境に優しい社会の実現に貢献する研究を行っています。

分子細胞生理学・細胞生物学分野

遺伝子制御による病気の治療法開発を目指します。

我々は、様々な病気から体を守っている免疫系を構成する多くの細胞群のうち、抗体を作る機能を持つBリンパ球の分化や活性化に重要な分子を発見し、その分子がどのように働いているのかを遺伝子工学の手法を用いて動物の個体レベルで明らかにしようとしています。また、共焦点レーザー顕微鏡などで細胞内のタンパク質を可視化することで、様々な疾患の原因となる異常タンパク質の分解機構を明らかにしたいと考えています。

疾患生物学分野

ヒト培養赤血球の脱核
(右の細胞)

メサラジン結合蛋白質
(ウシ脾臓)

ヒトと病気について研究し医療に貢献します。

人体の正常構造と機能、日本人に多い病気の特徴について、最新の動向を理解した上で、健康維持と病気に関するテーマで、広く研究を進めています。病気の研究では、特に血液・腎臓・膠原病を対象とし、新しい診断法の開発と、治療薬の作用機序の研究を行っています。また、ヒトの病気の成り立ちを理解する上で、進化生物学の視点も重要であり、ヒトと鳥類・魚類の解糖系酵素の生化学的特性について、比較研究を行っています。

先輩からのメッセージ

スタディ・ライフ・バランスの充実
生命科学コース 博士前期課程2年 M.O.さん(栃木県出身)

3年後期からの研究室配属とともに、研究を始め、4年生には学会で発表するまでになりました。また、学会を通じて知り合った他大の学生や、研究室の先輩・後輩と研究で討論し、更に、趣味のテニスやスノーボードも楽しむなど、日々の学生生活を満喫しています。

作用機序の解明のために
生命科学コース 博士前期課程1年 Y.S.さん(岩手県出身)

私は昔から生物や化学に興味を持っており、現在細菌感染による免疫細胞への影響の解明を目指して研究をしています。4年生時に先取りで大学院の授業を受けたので、忙しい院生の生活でも集中して研究をすることができます。

新たな医薬品の開発を目指して
生命科学コース 博士前期課程2年 T.I.さん(新潟県出身)

天然由来の微量成分を簡単な物質から合成する方法を研究しています。有機合成の腕を磨くため修士に進学しました。工夫に面白さがあり、完成には達成感があります。最近完成した物質について生物機能を調査して、生命科学の発展に繋げたいと考えています。

興味の対象から本当の研究へ
生命科学コース3年 S.F.さん(栃木県出身)

私は早期研究室配属を利用して1年後期から研究室に所属しています。高校生の頃は自分に研究ができるとは全く思っていませんでしたが、大学に入って抗体医薬品に興味を持ち研究室に入ることを決めました。今は学会発表も経験し先輩達と共に研究に励んでいます。