コースの概要

電気電子工学コースでは、電気エネルギー、光・電子デバイス、情報通信技術や制御システム技術を通じて高度な技術開発力を身につけ、地域社会の課題に活用するための教育研究を行います。電力工学、半導体デバイス工学、計測エレクトロニクス、電気機器学などを中心として、電気・電子・情報・通信工学を支える基盤技術について学びます。

コースの特徴

電気電子工学は、電気エネルギー、デバイス、通信、情報、制御、生体工学、環境など、あらゆる知的な活動の基盤をなす学問であり、多くのテーマが現代社会の要請と強く関連しています。
本コースは、電気電子工学の専門知識はもちろん、これら社会要請との関連を、授業や研究活動を通して考え学ぶことができます。さらに、国際化時代に対応できるコミュニケーション能力やITに関連した高い技術の習得が可能なカリキュラムを用意しています。そして、これらの知識を実学として地域社会へ還元することを目指しています。

どんな人材を育てるか

電気電子工学に関する基礎科目と専門科目を広く学び、グローバルな視点を持ち、豊かな教養に支えられた人間性、柔軟な適応能力、問題設定・解決能力を有する人材を育成します。

研究テーマ

電気エネルギー工学分野

知能情報通信工学分野

光・電子デバイス工学分野

制御システム工学分野

高性能かつ知的な電気機器や電気システムの設計と開発に関する教育・研究。

小形モータ制御システム
小形モータの制御法や各種システムへの応用を研究しています。将来はロボット制御などに用いられます。

シミュレーションによる電気機器設計と開発
高効率・高性能な電気機械の設計・開発を行っています。省エネや温室効果ガスの排出量削減が期待されます。

先輩からのメッセージ

1~2年次の授業を振り返って
電気電子工学コース3年 C.N.さん(マレーシア出身)、M.I.さん(秋田県出身)、
Y.S.さん(秋田県出身)、M.S.さん(青森県出身)、A.K.さん(秋田県出身)

1~2年次では、「基礎物理学」「基礎数学」「大学英語」などの基礎科目を勉強した他、「情報処理の技法」や「プログラミング」ではコンピュータの使い方やC言語を学習しました。実験・実習では「基礎物理実験」で物理現象を実験によって理解できました。「ものづくり基礎実践」と「創造工房実習」ではレゴロボットを組み立てて課題コースに挑戦しました。3年次に進級して専門科目が増えたので将来について少し考えるようになりました。

 

基礎から学び力をつける
電気電子工学コース 博士前期課程2年 T.S.さん (秋田県出身)

電気電子工学は広い分野範囲を持ち、私たちの生活に身近な所では多くの技術に関与し広く貢献していると同時に研究方面では社会の要望に応じた技術開発が行われています。
本コースでは基礎となる学問を学びそれを用いる専門科目を学習します。そして実験を通して学習した内容に体感的に触れることで、より一層理解を深めることができます。また学習を通じて興味の惹かれる分野を見つけ行う研究は習得した知識を利用し課題・問題を解決していく場となり問題を解決する力が養われます。基礎から学び力をつけ、実りのある経験をしてみませんか。