秋田鉱山専門学校

西暦 和暦 沿  革  
1908 明治41年 4月 ・秋田鉱山専門学校の設立が文部省により許可される
1910 明治43年 3月 ・秋田鉱山専門学校設置(採鉱学科、治金学科)
1911 明治44年 4月 ・授業開始(日本人学生53名、中国人学生4名)[校長、教授6名(定員8名)、助教授5名(定員6名)]
1913 大正2年 10月 ・開校式を挙行
1914 大正3年 3月 ・第1回卒業式を挙行
1920 大正9年 3月 ・附属鉱手養成部設置
1921 大正10年 10月 ・10周年記念式挙行、校歌「天与の富」ができる
1929 昭和4年 4月 ・鉱山機械学科、燃料学科設置
1937 昭和12年 8月 ・臨時工業技術員養成科設置(昭和13年3月廃止)
1939 昭和14年 4月 ・機械技術員養成科設置
5月 ・電気科、金属工業科設置
1942 昭和17年 4月 ・採油科設置
1944 昭和19年 4月 ・探鉱科設置、臨時工業技術員養成電気通信科設置
1947 昭和22年 10月 ・秋田鉱山専門学校通信教育部設置
1948 昭和23年 8月 ・秋田鉱山専門学校附属地下資源開発研究所設置

秋田大学

西暦 和暦 沿  革
学 部 大学院
1949 昭和24年 5月 ・秋田大学設置、鉱山学部設置、鉱山学科(60名)、冶金燃料学科(50名)、鉱山電機学科(40名)設置  
6月 ・鉱山学部通信教育講座発足  
8月 ・秋田大学第1回入学式挙行  
9月 ・秋田大学授業開始  
11月 ・秋田大学開学式挙行  
1950 昭和25年 4月 ・附属地下資源研究施設設置(秋田鉱山専門学校附属地下資源開発研究所から)  
10月 ・秋田鉱山専門学校最後の第40回開校記念式挙行  
1951 昭和26年 11月 ・鉱山博物館開館  
1953 昭和28年 2月 ・秋田大学第1回卒業式挙行  
1954 昭和29年 4月 ・鉱山学専攻科設置  
1955 昭和30年 4月 ・冶金学科、燃料化学科設置(冶金燃料学科の分離増設)  
1959 昭和34年 4月 ・鉱山機械学科、鉱山電気学科設置(鉱山電機学科の分離増設)  
1960 昭和35年 4月 ・採鉱学科、鉱山地質学科設置(鉱山学科の分離増設)  
1961 昭和36年 10月 ・創立50周年記念式典挙行  
1964 昭和39年 4月 ・機械工学科、電気工学科設置(鉱山機械学科、鉱山電気学科の改称)  
1965 昭和40年 3月 ・鉱山学専攻科廃止  
4月 ・附属鉱業博物館設置 ・大学院鉱山学研究科(修士課程)設置
(採鉱学専攻,鉱山地質学専攻,冶金学専攻,燃料化学専攻,機械工学専攻,電気工学専攻)
1966 昭和41年 4月 ・鉱山土木学科設置  
1967 昭和42年 4月 ・金属材料学科設置  
1970 昭和45年 4月 ・土木工学科設置(鉱山土木学科の改称) ・土木工学専攻設置
1971 昭和46年 4月   ・金属材料学専攻設置
1973 昭和48年 4月 ・電子工学科設置  
1977 昭和52年 4月 ・生産機械工学科設置 ・電子工学専攻設置
1981 昭和56年 4月 ・資源化学工学科設置 ・生産機械工学専攻設置
1985 昭和60年 4月   ・資源化学工学専攻設置
1986 昭和61年 4月 ・附属資源地学研究施設設置(附属地下資源研究施設の廃止)
・臨時増募(41人)実施
 
1990 平成2年 4月 ・資源・素材工学科、物質工学科設置
(採鉱学科、鉱山地質学科、冶金学科、金属材料学科、燃料化学科、資源化学工学科、共通講座の改組・再編)
・情報工学科設置
 
1991 平成3年 4月 ・機械工学科、電気電子工学科、土木環境工学科設置
(機械工学科、生産機械工学科、電気工学科、電子工学科、土木工学科の改組・再編)
 
1994 平成6年 4月   ・大学院鉱山学研究科博士課程(区分制)設置
 博士前期課程(資源・素材工学専攻、物質工学専攻、情報工学専攻、機械工学専攻、電気電子工学専攻、土木環境工学専攻)
 博士後期課程(地球工学専攻、機能物質工学専攻、システム工学専攻)
1996 平成8年 3月 ・附属資源地学研究施設廃止  
5月 ・附属素材資源システム研究施設設置(附属資源地学研究施設から)  
1998 平成10年 4月 ・工学資源学部設置(鉱山学部の改組)
 地球資源学科、環境物質工学科、材料工学科、情報工学科、機械工学科、電気電子工学科、土木環境工学科設置
 
2002 平成14年 4月   ・大学院工学資源学研究科設置(鉱山学研究科の改組)
 博士前期課程(地球資源学専攻、環境物質工学専攻、材料工学専攻、情報工学専攻、機械工学専攻、電気電子工学専攻、土木環境工学専攻)
 博士後期課程(資源学専攻、機能物質工学専攻、生産・建設工学専攻、電気電子情報システム工学専攻)
2004 平成16年 4月 国立大学法人化
7月 ・附属ものづくり創造工学センター設置  
2006 平成18年 1月 ・附属地域防災力研究センター設置  
4月 ・附属環境資源学研究センター設置(附属素材資源システム研究施設の廃止)  
2007 平成19年 4月   博士前期課程
 ・環境物質工学専攻
   環境リスクコミュニケーター養成コース設置
 ・機械工学専攻
   テクノマイスター養成コース設置
(平成23年度以降募集停止)
10月   博士後期課程
 ・英語による特別コース設置
2008 平成20年 4月 ・環境応用化学科,生命化学科設置(環境物質工学科の改組・再編) 工学資源学研究科
 ・MOT(Management of Technology)コース設置
2009 平成21年 4月 ・リサイクルプロセシング講座(寄附講座)設置  
2010 平成22年 4月 大学院部局化
2011 平成23年 10月 ・創立100周年記念式典挙行  
2012 平成24年 4月   博士前期課程
 ・環境応用化学専攻,生命科学専攻設置(環境物質工学専攻の改組・再編)
 ・共同ライフサイクルデザイン工学専攻設置(秋田県立大学との共同大学院)
10月 ・百周年記念館完成  
12月   工学資源学研究科
 ・資源ニューフロンティア特別教育コース設置
 (平成24年度~平成30年度)
2013 平成25年 4月   博士前期課程
 ・あきたアーバンマイン開発マイスター養成コース設置
2014 平成26年 4月 ・理工学部設置(工学資源学部の改組)
 生命科学科,物質科学科,数理・電気電子情報学科,システムデザイン工学科設置
博士後期課程
 ・生命科学専攻設置
  ・附属理工学研究センター設置(附属環境資源学研究センターの改称)
  ・附属鉱業博物館移管(国際資源学部附属施設へ)
2015 平成27年 4月   博士前期課程
 ・医理工連携コース設置
2016 平成28年 4月   ・大学院理工学研究科設置(工学資源学研究科の改組)
 博士前期課程(生命科学専攻、物質科学専攻、数理・電気電子情報学専攻、システムデザイン工学専攻、共同ライフサイクルデザイン工学専攻)
 博士後期課程(総合理工学専攻)