コースの概要

電気電子工学コースでは、電気エネルギー、光・電子デバイス、情報通信技術や制御システム技術を通じて高度な技術開発力を身につけ、地域社会の課題に活用するための教育研究を行います。電力工学、半導体デバイス工学、計測エレクトロニクス、電気機器学を中心として、電気・電子・情報・通信工学を支える基盤技術について学びます。

コースの特徴

電気電子工学は、電気エネルギー、デバイス、通信、情報、制御、生体工学、環境など,あらゆる知的な活動の基盤をなす学問であり、多くのテーマが現代社会の要請と強く関連しています。
本コースは、電気電子工学の専門知識はもちろん、これら社会要請との関連を、授業や研究活動を通して考え学ぶことができます。さらに、国際化時代に対応できるコミュニケーション能力やITに関連した高い技術の習得が可能なカリキュラムを用意しています。そして、これらの知識を実学として地域社会へ還元できる人材の育成を目指しています。

どんな人材を育てるか

電気エネルギー等に関する科目を学び、光・電子デバイスの開発設計・製造に貢献できる人材を育成します。

研究テーマ

電気エネルギー工学分野

ヒトと環境に関わるエンジニアリングデザインや電気エネルギーの発生・変換・貯蔵に関する教育・研究。

 

リチウムイオン電池の高性能化に関する研究

知能情報通信工学分野

光・電子デバイス工学分野

制御システム工学分野

先輩からのメッセージ

電気電子工学コース
博士前期課程1年
藤田 郁美さん (秋田県出身)

電気電子工学の魅力

私は超音波を用いて、金属内部の欠陥を検出する研究に取り組んでいます。電気電子工学には電力や半導体といった分野だけでなく、私が研究しているような分野もあるのです。
電気電子工学は、非常に幅が広く、私たちの生活の身近なところで活躍している分野でもあります。それは勉強したことを生かすことができる機会に、多く恵まれているということです。このコースを卒業した先輩方の進路を見ても、そのことが実感できるかと思います。魅力あるこのコースで勉強してみませんか。

 

電気電子工学コース
博士前期課程2年
澤 真也さん (岩手県出身)

将来に向かって

電気電子工学コースでは1年次で基礎知識や教養、2~3年次ではそれを応用した専門科目を学びます。4年次になると、研究室訪問や先生のお話を参考にして自分のしてみたい研究から研究室を選びます。研究分野は電力、半導体、電磁波、光デバイスなど多岐にわたっており、自分のやりたい研究が必ず見つかると思います。研究室ではプレゼン発表など普段はあまり経験できないことが体験できるため、社会に出てから大学での経験は必ず生きてくると思います。