〈博士前期課程〉

 理工学研究科博士前期課程では,次のような知識,技術,態度等を身につけた学生に,「修士(理学)」,「修士(理工学)」,および「修士(工学)」の学位を授与しています。

  1. 生命科学・数理科学分野の高度な専門知識と研究手法を習得し,それらを駆使して問題解決を遂行できると認定された場合に,修士(理学)の学位が授与されます。
  2. 理学・工学を基盤とした高度な専門知識と研究手法を学び,理工学分野を横断した俯瞰力・総合力を身につけ,物質に関する高度な要求や問題を解決できると認定された場合に,修士(理工学)の学位が授与されます。
  3. 複雑で多岐にわたる工学関連分野の高度な専門知識と研究手法を学び,社会・企業が求めるイノベーション創出のための柔軟な創造力を身につけ,工学における様々な問題を解決できると認定された場合に,修士(工学)の学位が授与されます。

    以下は3種類(理学,理工学,工学)の修士号を授与する学生に共通して身につけてもらう能力です。
     
  4. 合理的思考力・認知力(批判的思考力,分析的推論力,資料活用力,文章力,コミュニケーション力)をさらに強化した理工系基礎力
  5. 高度な専門知識や技術の習得・活用・展開力,課題発見・解決能力,新価値創出能力
  6. チームワークや異分野連携のための協働力
  7. 専門外の問題に直面した際の柔軟な対応能力
  8. グローバル化に対応できる英語表現力
  9. 高い起業家精神をもつ地域創生力,技術革新力
  10. 倫理規範を守り,業務・研究を遂行できる能力

 

〈博士後期課程〉

 理工学研究科博士後期課程では,博士前期課程で要求される能力のほか,次のような能力等を身につけた学生に,「博士(理学)」,「博士(理工学)」,および「博士(工学)」の学位を授与しています。

  1. 斬新性・独創性に優れた課題設定,およびその解決方法を提案できる能力
  2. 各専門分野を横断した総合的な視野を持って学際的・新領域の課題に取り組める能力
  3. 国際的なプレゼンテーション能力
  4. 最新の知識・技術を幅広く理解し,国際競争力のある技術が如何なるものかを把握できる能力
  5. 優れたリーダーシップ,協働力,豊かな創造力に裏づけされた指導力