<1> 主専門・副専門(メジャー・マイナー)教育プログラム

 自身が所属するコース(専攻)の分野(主専門分野)とは別に,他コース・専攻の専門分野,または,指定する共通科目を組み合わせて履修するMOT※コースより,副専門とする分野を選択し,科目を履修する教育プログラムです。

 本プログラムの修了には,副専門分野の科目の中から8単位修得する必要があります。修了者には副専門として履修した分野の「主専門・副専門教育プログラム修了証」が授与され,副専門分野における内容を体系的に学んだことが証明されます。

 

<本プログラムにおいて設定する専門分野について>

 本プログラムにおいては下記の10コース・専攻を設定しています。自身が所属するコース(専攻)の専門分野が主専門分野となり,その他のコース・専攻から副専門分野を選択します。
   ・ 生命科学                ・ 応用化学
   ・ 材料理工学               ・ 数理科学
   ・ 電気電子工学              ・ 人間情報工学
   ・ 機械工学                ・ 土木環境工学
   ・ ライフサイクルデザイン工学       ・ MOT(Management of Technology

※MOT(Management of Technology)は,技術経営と訳され,本研究科では学んだ知識や技術を事業・経営に活かし,創造力,マネジメント力を発揮できる人材の育成を目指した10単位分の共通科目(MOT科目)を設置しています。いずれも産業・経済界及び企業等で実績・経験を積み,現在第一線で活躍中の講師が講義を担当します。

<2> 航空機システム・エネルギーイノベーションコース

 航空機システム・エネルギーイノベーションコースとは,理工学研究科の機械分野・電気電子工学分野の専攻・コースが連携して実施する,次世代航空機産業を担うリーダーを育成することを目的とした教育プログラムです。国際的に著名な研究者らによる講義を通して,航空機システム等の電動化技術の最先端について学び,航空システム産業の技術者としての素養を培います。
 本コースの教育プログラムは,機械分野・電気電子工学分野を専門とする学生向けに設計されており,年度初頭に履修生の募集が行われます。
 本コース詳細については,航空システムエネルギーイノベーションコース履修案内を参照してください。 

 

*2021年3月更新