ものづくり創造工学センターでは、科学に直接触れ、体験することのできる教育として、小中学生を対象としたものづくり体験型授業を展開しています。
 今年度第3回目は、「ペットボトルでつくる不思議な噴水の製作」を実施します。
 噴水とは、主に電動ポンプなどを使用することで、水面よりも高い所に噴き上がる水(または水を噴き上げる装置)のことです。
 今回はペットボトルとストローを使い、水と空気の力だけを利用した噴水を製作します。
 本教室では、科学への関心を向上させ、ものづくりの楽しさを体験してもらうことが目的です。
 多くの方のご参加をお待ちしております。

日 時   平成30年9月2日(日) 10:00~12:00
場 所 秋田大学 創造組立作業室

対 象

小中学生(定員20名:先着順)
参 加 費 無料
申 込 方 法 お子様のお名前,ふりがな,学年,保護者の電話番号,Eメールアドレスを記入して,
ものづくり創造工学センター宛にメール(pub@mono.akita-u.ac.jp)でお申込みください。

【 申込締め切り:平成30年8月29日(水)正午 ※先着順に定員に達した場合,募集を締め切らせていただきます。 】
主 催 秋田大学大学院理工学研究科附属ものづくり創造工学センター
問 合 せ 先 TEL・FAX:018-889-2806
E-mail:pub@mono.akita-u.ac.jp
担当部局等:秋田大学大学院理工学研究科附属ものづくり創造工学センター


   完成品