本研究科人間情報工学コース 水戸部一孝教授のコメントが新聞に掲載されました。

掲載(放送)日 掲載誌(テレビ局)等 掲載内容(番組内容)
2017/11/24 秋田さきがけ新報25面

県内で過去5年間に発生した歩行者の交通事故で,運転手から見て「右から左」へ横断中にはねられたケースが多い理由に関して,ドライバーにとって右からの横断者は車との距離が離れている分,小さく見えるため発見が遅れがちであることや,歩行者の事故は高齢者が犠牲になるケースが多いとし,歩行者は横断途中の車の接近に注意を払うなど,ドライバー・歩行者双方の心掛けが重要であるとコメントしました。