コースの概要

21世紀は生命科学の時代と言われており、ヒトの全遺伝子配列の完全解読が終了し、生命科学研究は生体分子の構造と生理機能解析に移行しています。

生命科学科は、これまで複雑かつ難解であった生命現象を、生物学・化学を中心に、原子・分子レベルで解析することにより、医薬品や健康食品などの生命科学産業にとって必要な基礎的要素を身につけた人材を教育することを目標としています。

生命科学科は原子レベルでの生体分子の解析から、細胞、個体の生理機能解析に至るまで多岐にわたるほか、自然界からの有用生物・遺伝子などの検索や、生体素子のデザイン応用まで、独創的かつ斬新な教育研究を行っているスタッフから構成されています。

生命科学科は研究者・技術者を目指す次のような人を求めています!

  • 生命科学に深い興味をもち、研究を通じて社会に貢献したいと願う人
  • 独創的な研究により、生命科学における新発見をめざす人
  • 自ら考え行動する積極性のある人

どんな人材を育てるか

将来の生命科学の研究者や高度な技術者を養成し、生命科学の知識や思考を生かせる職業に携わり、開拓的な役割を担うことができる人材を養成します。

研究テーマ

生物機能分子合成化学・超分子化学分野

生命現象を制御する有機化合物の創成。

生物機能の発現・観測・模倣を目指した有機化学的研究に取り組んでいます。
具体的には、医薬品の種として期待される特異な生物活性を示す天然物の全合成と活性発現機序の解明、細胞の分子標的を特異的かつリアルタイムにその場観察する化学修飾電極の開発、超分子相互作用を利用した特異な機能を持つ非天然有機分子の創成とその構造・物性・生物学的研究、を内容とします。

生物分析化学・生物構造化学・計算化学分野

酵素反応の構造解析。反応開始時(0min)では基質(上部の緑色の網掛け)が活性中心(下部の緑色の網掛け)の上部にあるのに対し、50分後では酵素基質複合体になっている。

タンパク質のかたちとはたらきを知り、医療や産業に導く研究

タンパク質は、例えばヒトには10万種類が存在すると考えられ、様々な生命現象の主役を担っています。私達の研究室では、様々な疾患の原因となるもの、産業用触媒や農作物の病害菌駆除に役立つもの、あるいは、ナノマテリアル材料となるものなど、重要なタンパク質を選択し、それらのはたらき(機能)とかたち(構造)を分子レベルで明らかにすることで医療技術の発展や環境に優しい社会の実現に貢献する研究を行っています。

生化学・分子生物学分野

ヒト分子シャペロン
HSP60の電顕写真(A,B)
ホルモン受容体と分子シャペロン
HSP90複合体の細胞内局在(C,D)

タンパク質が持つさまざまな性質を医療現場に活かす研究。

生命の設計図である遺伝子 DNA、及び最終生成物であるタンパク質の構造や生理機能を中心に解析しています。特に、各種疾患の発症機構を分子レベル解析する研究をしています。現在のテーマは分子シャペロンによるタンパク質の高次構造形成機構と生理機能獲得機構の解析、抗がん剤等の各種薬剤の薬理作用機構の解析、がん幹細胞標的分子の解析、及び発酵食品由来生理機能分子の解析を中心に研究しています。

分子細胞生理学・細胞生物学分野

遺伝子制御による病気の治療法開発を目指します。

我々は、様々な病気から体を守っている免疫系を構成する多くの細胞群のうち、抗体を作る機能を持つBリンパ球の分化や活性化に重要な分子を発見し、その分子がどのように働いているのかを遺伝子工学の手法を用いて動物の個体レベルで明らかにしようとしています。また、共焦点レーザー顕微鏡などで細胞内のタンパク質を可視化することで、様々な疾患の原因となる異常タンパク質の分解機構を明らかにしたいと考えています。

疾患生物学分野

ヒト培養赤血球の脱核
(右の細胞)

メサラジン結合蛋白質
(ウシ脾臓)

ヒトと病気について研究し医療に貢献します。

人体の正常構造と機能、日本人に多い病気の特徴について、最新の動向を理解した上で、健康維持と病気に関するテーマで、広く研究を進めています。病気の研究では、特に血液・腎臓・膠原病を対象とし、新しい診断法の開発と、治療薬の作用機序の研究を行っています。また、ヒトの病気の成り立ちを理解する上で、進化生物学の視点も重要であり、ヒトと魚類の解糖系酵素の生化学的特性について、比較研究を行っています。

先輩からのメッセージ

生命科学コース4年
高橋 環さん (北海道出身)

実りある大学生活のために

大学生活を実りのあるものにするために、私が大切だと思うのは自分の中に目標を設定することです。大学に入学してすぐに理数学生アドバンストコースという早期研究室配属制度のもと、早期卒業できることを知りました。この制度を知った時の私は目的なく毎日を過ごしており、挑戦しようとは思いませんでした。しかし、2年生に進級してから、このまま何となく大学を卒業しては、学業に専念できる時間と環境を無駄にすることになり、悔いが残ると思いました。そこで、理数学生の制度で早期卒業することを目標に勉強に取り組むことにしました。結局それは叶いませんでしたが、目標に向かって努力した時間は確かに意味のあるものでした。これからの大学生活、その先の将来でも新たな目標に向かって挑戦し続ける日々にしたいと考えます。これから秋田大学で学ぼうとする皆さんには、特に学業において後悔のない時間を過ごしてほしいと思います。

 

生命科学 博士後期課程1年
後藤 樹史さん(新潟県出身)

生物が好きなあなたへ

私は高校生の時から生物に興味があり、生命科学科に進学し、2年生からはいち早く研究を始めることができるアドバンストコースに参加しました。研究を始めた頃は、慣れないことばかりでしたが、次第に、研究の楽しさ・面白さを感じるようになりました。授業ではもちろん、研究を通して生命現象について深く知ることができ、その成果を学会で発表し、世界に発信する貴重な機会を得ることができました。修士課程へと進学してからはより一層研究に打ち込み、研究成果が学術誌に掲載され、修士課程を早期修了することができました。現在、私は赤芽球の脱核機構の解明を目指してさらに研究を続けています。これまで未解明であったことを探求していくのはとてもやりがいを感じます。
生命現象に興味・関心がある方にとって、生命科学科は研究を長く続けやすい環境になっています。皆さんも一緒に研究を始めてみませんか?