コースの概要

創造生産工学コースでは、機械工学、宇宙工学を中心に幅広い工学分野について学び、プロジェクト遂行体験を通して実践力と創造性を高め、機械工学およびロケットや人工衛星を開発するための宇宙工学等、幅広い工学分野に関する研究を行います。

コースの特徴

  • 工学の基礎知識や宇宙工学に関連する専門知識を習得し、それらを活用するプロジェクト遂行力を備え、宇宙産業や最先端産業を担うことができる技術者を育成します。
  • 機械工学、電気電子工学、情報工学の幅広い工学分野の知識を有し、プロジェクト遂行力を備えた幅広い産業に対応可能な技術者を育成します。
  • 「創造的なものづくり」の基盤となる機械工学およびロケットや人工衛星を開発するための宇宙工学等、幅広い工学分野に関する研究ができます。

どんな人材を育てるか

学生参加型、課題研究やPBL等、学生の能動的な学習を促すアクティブラーニングとしてのプロジェクト遂行能力を育成すると共に、創造的なものづくりを担う技術者を育成します。

研究テーマ

材料の接合に関する工学

毛髪より細いダイヤモンドソーワイヤの開発
蒸気圧破砕材によるセラミックスの切断実験

接合と切断に関する新技術。
ダイヤモンド砥粒や窒化ホウ素を金属ワイヤやプレートに金属で強固に接合して、切れ味のよい工具を開発します。そして精密加工や素材のリサイクルに役立てます。時にはダイヤモンドも加工します。次に、高圧の蒸気を発生する薬剤を使って、セラミックスを瞬間的に切断する方法を開発します。このように、接合と切断に関する新技術を学生と一緒に研究開発して、地域に貢献しております。

ライフサイクルエンジニアリング

製品のライフサイクルを考えたものづくりの方法を研究しています。
豊かで便利な生活、資源の持続的な利用、地球環境の保護、それらを同時に充足し、持続させることは簡単なことではありません。しかし、一つの有望な方法は、資源の採掘から製造、使用、使用後の処理までの製品の一生、つまり製品のライフサイクルを考えたものづくりをすることです。この研究室では製品ライフサイクルを適切にデザインするための評価方法や、新しいリサイクルや製品再利用の方法などを研究しています。

熱流体工学

水や空気の流れと熱・エネルギーの移動!
熱流体工学分野では、流体力学、熱力学あるいは伝熱工学で学ぶ知識を生かして、熱と仕事・エネルギーの変換に関する研究に取り組んでいます。自動車やロケットのエンジンにおける燃焼や抵抗の少ない最適形状に関する研究や自然エネルギーからエネルギーを抽出する際に利用する熱交換器の開発あるいは、水面をジグザグに移動しながらミストを放出して水質を浄化する流体機器の開発などを行っています。

機械材料工学・材料加工学

ダイヤモンドを皮膜することによって材料の表面を改質します。
ダイヤモンドは、高硬度、耐摩耗性,高い熱伝導率等の優れた性質を有しています。このダイヤモンドを燃焼炎法と呼ばれる方法を用いて、切削工具用材料、人工関節材料等の表面へ直接合成して表面の高硬質処理を行う研究を行っています。また、歯科用切削工具を用いて実際に歯科用合金の切削試験を行い、工具の性能評価に関する研究を行っています。

熱流体工学・生物流体物理

砂漠地帯で有効な影テント農法を熱流体工学の観点から検証します。
高温で乾燥している砂漠地帯では、水と食料が不足し、動植物の活動が困難です。安価で単純な構造を持つ海水影テント農法を砂漠へ導入し、水・食糧不足問題の克服を目指しています。熱流体力学的観点から、この農法を検証し、その発展について研究しています。

宇宙工学分野

超小型衛星は早く低コストで開発でき、宇宙開発を身近にします。
近年の電子機器の小型化のおかげで、超小型衛星でも役に立つミッションを行えるようになりました。超小型衛星は従来の大型衛星より低コストで、迅速に開発できるので、世界中の大学やベンチャー企業が注目しています。このような超小型衛星のシステム設計について研究しています。一方で衛星が無秩序に増えると、軌道上で衝突事故を起こす危険があります。安全な宇宙開発の持続のため、宇宙ごみ除去技術の研究も行っています。

先輩からのメッセージ

創造生産工学コース4年
畠山 里奈さん (秋田県出身)

大学での「ものづくり」

創造生産工学コースは学部の改組に伴い2014年に新設されたコースで、スイッチバック方式による実践的な教育プログラムが導入されていることが特徴です。これにより知識や理論を学習した上で実践的な学習に取り組むことができるため、より体系的な学習が可能になります。また私もこの利点を講義を受講するにつれて実感している最中であります。
私が本コースを志望した理由は、ロケットの発祥地である秋田県で「創造的なものづくり」や「宇宙工学」を学び、そこで得たことを活かしたロケットの運用がしたいと思ったからです。本コースのロケットを用いた教育では、基礎と実践を繰り返して力をつけるスイッチバック方式によって得たものを発揮して、それまでの全ての経験が活かされる場となります。また現在私は大学のあるロケット団体にも所属しており、日々打ち上げに向けて活動しています。私はこのような環境があることに喜びを感じており、ものづくりやロケットなどに興味を持っている皆様と共に学ぶことを楽しみにしております。

 

創造生産工学コース4年
山内 侑弥さん(秋田県出身)

アクティブに学ぶものづくり

創造生産工学コースでは、宇宙に関することやロケットの仕組みについて学ぶことのできる専門科目を履修することができます。また、エンジニアに必要な材料の知識を学ぶ材料工学や、実際にものづくりを通して失敗・成功体験を学ぶものづくり基礎実践など実践的な科目と座学があることにより、学んだことをすぐ実践の場に活かしていく練習となり、学習が身についていくのを実感できます。
私は、宇宙に関して強い興味を持っており、ロケット開発に関わる分野の学問を履修することで、将来は宇宙関連産業に就職し、ロケット発祥の地である秋田の活性化に貢献したいという思いでこのコースに入学しました。
2・3年次にはロケットの設計や製作、打ち上げをするというプロジェクトも予定されており、とてもやりがいがありエンジニアを目指すプロセスにおいて貴重かつ新しい体験ができるのがこの創造生産工学コースであると感じています。