本文へスキップ

秋田大学

タイトル


機械工学コース

WEBSITE

コースの概要

 機械工学コースでは、より便利で豊かな人間生活を支え、自然環境を守るためのメカニクスに関する教育研究を行います。メカニズムはもちろんのこと、材料力学、流体力学、熱力学、機械力学、制御工学の基礎学問に加え、ナノテクノロジー、エネルギー、医療福祉、ロボットなどの応用科目を学ぶことにより、これからのエンジニアとしての素養を身につけます。

コースの特徴

 近年、急速な科学技術の発展に伴い、二酸化炭素排出による地球温暖化や原発事故による環境汚染、風力や地熱に代表される再生可能エネルギーの開発など、様々な社会問題に直面しています。また、少子高齢化に伴う医療福祉技術の向上は喫緊の課題であり、新たな産業の創出と雇用促進のためにも、機械工学の果たす役割はますます大きくなっています。本コースでは、機械工学の基礎学問を重視した教育を行い、協調性、自主性、問題解決力を合わせ持ち、幅広い産業界へ貢献できる機械技術者を育成します。さらに、学部で学ぶ基礎を生かし、最先端の研究に携わることで知識と経験を積み上げる大学院への進学を推奨しており、6年一貫教育を通じて新しいメカニクスを創出できる人材を育成します。

どんな人材を育てるか

機械に関する基礎学力を備え、社会の変化に柔軟に対応する応用力を持ち、協調性、自立性、問題解決力を併せ持つ将来のエンジニアを育成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

 
渋谷 嗣 教授 複合材料システムの物理的モデリングと評価
田子 真 教授 数値シミュレーションによる地熱エネルギー採取方法とエネルギー変換法
長縄 明大 教授 医療機器やアクチュエータの開発,機械システムの制御法に関する研究
村岡 幹夫 教授 材料・生体のナノメカニクス 
奥山 栄樹 教授 精密測定と精密設計 
巖見 武裕 教授 障害者の運動機能を再建するための研究とそのロボット工学への応用 
佐々木 芳宏 准教授 油圧・空圧の長所を生かした流体制御技術の開発 
宮野 泰征 准教授 鉄鋼材料を対象にした摩擦攪拌接合,微生物腐食の機構解明・抑止技術開発 
山口 誠 准教授 光と物質の相互作用を利用した表面構造評価 
山本 良之 准教授 磁気応答性機能材料を対象とした熱的・機械的特性の研究
小松 喜美 准教授 相変化を伴う伝熱現象の研究 
杉山 渉 講師 真空中を流れる気体や自然エネルギー利用に関する研究 
関 健史 講師 光と機械を融合させた医療・産業用デバイスに関する研究開発 
趙 旭 助教 原子マイグレーションの抑制と活用に関する研究 
中村 雅英 教授 血液などの複雑な性質を示す液体の力学的特性とその解析