本文へスキップ

秋田大学

タイトル


数理科学コース

WEBSITE

コースの概要

 数理科学コースでは、数理科学的手法を学び、それを社会の諸問題の解明に活用したり、高等学校教員(数学)となり地域の理数系教育の向上を実現するための教育研究を行います。代数学、幾何学、解析学、離散数学、量子力学、電磁気学、バイオインフォマティクスを中心として、数理科学とコンピュータサイエンスを学びます。

コースの特徴

 数学や物理学の問題が解けたときに爽快感を感じた方が多いと思います。数学や物理学を学ぶ際の醍醐味の一つです。また、何かを発見したり新しく考えだしたりすることが数理科学では重要です。当コースでは、少人数教育を実施し、わからなかったことがパッと分かる経験を繰り返しながら楽しく数学や物理学を学び、新しい何かを自発的に探す力を身に付けていきます。また、外国人教員による英語を使った授業によるグローバル社会への対応力を養い、理数系アドバンスコースにおける数理科学分野の研究者の育成も視野に入れた教育を行います。

どんな人材を育てるか

数理科学と高度ICT技術を研究する事により、論理的かつ柔軟な思考力を持ち、数理科学的発想を現実問題に活用する人材を育成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

小野田 勝 教授 量子輸送現象における幾何学的位相の効果
河上 肇 教授 熱方程式に関わる逆問題
山村 明弘 教授 組合せ群論、理論的計算機科学、情報セキュリティ
小林 真人 准教授 写像(投影)を用いた多様体(図形)の形状解析,輪郭線による形状推測
田沼 慶忠 准教授 不均一系の異方的超伝導体に関する研究
中江 康晴 講師 低次元多様体のトポロジーと葉層構造に関する研究
FAZEKAS SZILARD ZSOLT 講師 単純な計算モデル、文字列の組み合わせ、バイオコンピューティング
三角 樹弘 講師 場の量子論・超弦理論など素粒子物理の数理的研究
山口 邦彦 准教授 層状物質における量子効果