本文へスキップ

秋田大学

タイトル


材料理工学コース

WEBSITE

コースの概要

 材料理工学コースでは、金属、セラミックス、半導体をベースに、材料物性の微視的発現機構を探求しながら生産プロセスの技術開発を実現するための教育研究を行います。固体物理学、固体化学、金属材料学、セラミック材料学を中心として基礎科学から材料の工学的応用までの幅広い分野について学びます。

コースの特徴

 材料理工学コースのカリキュラムの特徴は、原子配列や電子状態などのナノスケールレベルでの現象から材料の性質が生まれる仕組みを学んだ後に、その仕組みに基づいて発現するマクロスケールレベルでの材料の物理的、化学的性質を学ぶ、段階を踏んだ教育プログラム構成にあります。材料理工学コースでは、今日の社会が直面するエネルギー、環境の諸課題に対応するために、従来型の材料工学を更に進めて、ナノサイエンス・ナノテクノロジーの開発手法を積極的に取り入れながら次世代先端材料や、レアメタルなどの希少元素に代わる代替材料の開発を推進するための教育研究活動を実践します。

どんな人材を育てるか

材料理工学に関する知識・教養を駆使して、今日の日本や世界が直面するあらゆる技術的問題に挑戦する創造的な研究者、技術者を養成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

麻生 節夫 教授 高強度鋳造複合材料の研究
小玉 展宏 教授 無機固体の光物性とフォトニック結晶の創成 
齋藤 嘉一 教授 電子顕微鏡法を駆使した合金の組織・構造評価とその制御に関する研究 
田口 正美 教授 燃料電池触媒および省エネルギー電極材料の開発
原 基 教授 耐環境性,耐熱性,電極反応性などの機能をもつ表面材料の創製
大口 健一 教授 工業材料の非弾性構成モデルの構築と変形特性評価 
佐藤 芳幸 准教授 電子状態計算による高温材料設計 
棗 千修 准教授 数値シミュレーションによる合金の凝固組織制御に関する研究 
仁野 章弘 准教授 硬質セラミック材料の機械的性質に関する研究
福本 倫久 准教授 ガスセンサーによる金属の高温酸化挙動の解明に関する研究 
辻内 裕 講師 分子エレクトロニクスと生物物理学の手法による分子デバイスの研究
長谷川 崇 講師 ナノ磁性材料に関する研究 
後藤 育壮 助教 鋳物の高性能化及び鋳造プロセスの最適化に関する研究 
肖 英紀 助教 金属・合金の原子構造と物性研究
高橋 弘樹 助教 高性能燃料電池触媒や電解システムの開発 
魯 小葉 准教授 Bi系酸化物超伝導材料の開発と評価に関する研究