本文へスキップ

秋田大学

タイトル


生命科学コース

WEBSITE

コースの概要

 21世紀は生命科学の時代と言われており、ヒトの全遺伝子配列の完全解読が終了し、生命科学研究は生体分子の構造と生理機能解析に移行しています。
 生命科学科は、これまで複雑かつ難解であった生命現象を、生物学・化学を中心に、原子・分子レベルで解析することにより、医薬品や健康食品などの生命科学産業にとって必要な基礎的要素を身につけた人材を教育することを目標としています。
 生命科学科は原子レベルでの生体分子の解析から、細胞、個体の生理機能解析に至るまで多岐にわたるほか、自然界からの有用生物・遺伝子などの検索や、生体素子のデザイン応用まで、独創的かつ斬新な教育研究を行っているスタッフから構成されています。

生命科学科は研究者・技術者を目指す次のような人を求めています!

  • 生命科学に深い興味をもち、研究を通じて社会に貢献したいと願う人
  • 独創的な研究により、生命科学における新発見をめざす人
  • 自ら考え行動する積極性のある人

どんな人材を育てるか

将来の生命科学の研究者や高度な技術者を養成し、生命科学の知識や思考を生かせる職業に携わり、開拓的な役割を担うことができる人材を養成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

伊藤 英晃 教授 生体分子及び乳酸菌の機能解析
久保田 広志 教授 神経変性疾患における凝集性異常タンパク質の研究
涌井 秀樹 教授 疾患の臨床病理学的研究,温故知新創薬
尾髙 雅文 教授 創薬や産業に役立つタンパク質の構造と機能の解明
藤原 憲秀 教授 生物活性を持つ天然物の全合成を研究
疋田 正喜 教授 記憶B細胞の活性化調節機構
秋葉 宇一 准教授 生命電気化学機能界面の創成に関する研究
天辰 禎晃 准教授 理論計算による光機能性分子の設計に関する研究
近藤 良彦 講師 大環状化合物新規誘導体の合成と機能性解明
松村 洋寿 講師 バイオマス利用を目指したタンパク質の機能解析
田村 拓 助教 小胞体におけるタンパク質品質管理機構の研究