本文へスキップ

秋田大学

タイトル


人間情報工学コース

WEBSITE

コースの概要

 人間情報工学コースでは、人間と計算機システムの相互作用や対話型操作を実現して、地域社会の課題を解決するための教育研究を行います。ヒューマンコンピュータインタラクション、福祉情報工学、画像解析学、情報通信とネットワークを中心として、コンピュータサイエンスを基礎とした高度な応用技術を学びます。

コースの特徴

 超高齢社会を迎えた現在、少子高齢化対応、安全・安心社会の実現、新たな価値観の創造といった様々な課題に取り組み、これを解決する必要があります。従来、ヒトが情報処理システムに合わせることを求められる場面が多くあり、機能を発揮するためには操作訓練が必要でした。
 人間情報工学コースでは、(1)目の前にある情報機器はヒトとヒトを繋いでいること、(2)地域や時間といった制約を可能な限り軽減すること、(3)情報機器がユーザの個性に合わせ、自然な操作を可能にすることを常に意識しながら、“ヒト がヒトを思いやり、優しくできる”ICTの利活用を検討し要素技術を共に研究開発するプロセスを通して、国際社会で活躍できる創造性を兼ね備えた人材の育成を目指します。

どんな人材を育てるか

ヒューマンコンピュータインタラクション、応用生体計測、画像解析、パターン認識、組み込みシステムなどの分野も学習し、世界で活躍できる人材を育成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

水戸部 一孝 教授 超高齢社会における健康寿命延伸の人間情報工学的研究 
景山 陽一 教授 リモートセンシング,ヒューマンセンシング,画像認識に関する研究
橋本 仁 准教授 情報通信システム,情報とネットワーキング技術に関する研究
石沢 千佳子 講師 ユーザ支援のためのログ解析および視覚情報処理に関する研究 
内海 富博 助教 無線センサネットワークに関する研究 
髙橋 秋典 助教 ICTを用いた教育支援システムに関する研究 
髙谷 眞弓 助教 データベース応用技術に関する研究 
中島 佐和子 助教 VRや音声合成技術を用いた映画や映像バリアフリー技術の研究開発 
藤原 克哉 講師 人間計測・VR技術応用およびソフトウェア工学に関する研究