本文へスキップ

秋田大学

タイトル


土木環境工学コース

WEBSITE

コースの概要

 土木環境工学コースでは、自然環境・社会環境に配慮した社会基盤の整備・維持・管理や安全・安心・快適な地域環境の創造・保全についての教育研究を行います。構造力学、建設材料学、土質工学、水理学、交通システム計画などを中心として、安全・安心・快適な地域環境を創造・保全する技術について学びます。

コースの特徴

 土木技術は「自然の偉大な力の源泉を人類に役立たせるための技術」といわれています。公共施設の建設を通して,安全で快適な環境の創造により人間の生活環境の向上に貢献してきました。しかし,社会資本を整備するために現在の豊かな自然環境を破壊してよいとは限りません。土木環境工学コースでは5つの基礎的な分野における研究と教育をベースとして,災害に強く快適である持続可能な社会基盤の整備のあり方について学んでいきます。

どんな人材を育てるか

自然環境・社会環境に配慮した社会基盤の整備・維持・管理に関し技術提案ができ、培った技術を国内外に広く発信できる人材を育成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

松冨 英夫 教授 津波,洪水,海浜過程に関する研究
德重 英信 教授 コンクリートの耐久性と環境負荷低減性能に関する研究
濵岡 秀勝 教授 安全・安心な社会に資する道路空間の安全性や円滑性に関する研究
後藤 文彦 教授 組み立て簡単な木橋や折り紙構造など新しい構造の開発
荻野 俊寛 准教授 泥炭の変形・強度特性に関する研究
日野 智 准教授 地方都市における公共交通とまちづくりに関する研究
高橋 良輔 准教授 既設・新設コンクリート構造物の性能評価に関する研究
渡邉 一也 講師 河川・海岸等の水域における水災害減災に関する研究
野田 龍 講師 土木構造物への木材利用に関する研究
田口 岳志 助教 セメント安定処理土の圧密特性とこれに伴う強度変化に関する研究
固化~破砕プロセスを考慮した化学的安定処理土の材料特性に関する研究