本文へスキップ

秋田大学

タイトル


応用化学コース

WEBSITE

コースの概要

 応用化学コースでは原子・分子レベルの化学から化学を活かしたものづくりまでをカバーした教育研究を行います。天然および人工の無機材料、有機材料、エネルギーに関連した化学工学からバイオプロセスまで幅広い化学の専門分野を学びます。

コースの特徴

 近年の先端科学技術の高度化・深化に伴って基礎の重要性が再認識され、理学・工学という既存の枠組みを超えた教育と研究、さらには、この広領域を俯瞰して活躍できる人材の育成が求められています。応用化学コースは、化学に関する基礎(理学系分野)から応用(工学系分野)までをカバーしていることが大きな特徴です。また、これまでの伝統から、環境やエネルギーに関わる諸問題にも対応していることが特長として受け継がれています。化学および化学技術をベースにして社会で活躍したい意欲のある学生を応援します。

どんな人材を育てるか

「化学物質」、「化学プロセス」について幅広い視点で現象を分析する能力を有し、環境と技術の調和を図る事ができる視野の広い人材を育成します。

教員紹介

※各教員のさらに詳しい情報は,秋田大学公式ウェブサイト「秋田大学研究者総覧」でご覧いただけます。

後藤 猛 教授 生体反応を利用した機能性物質の高効率生産とその利用に関する研究
寺境 光俊 教授 機能性有機材料の分子設計と合成 
進藤 隆世志 教授 エネルギー変換触媒と環境浄化触媒に関する研究 
菅原 勝康 教授 エネルギー資源の高効率利用プロセス開発に関する研究 
村上 賢治 教授 炭素資源変換触媒の開発と新規有機無機複合体の合成 
加藤 純雄 准教授 新規金属複酸化物の合成と環境浄化材料への応用に関する研究 
髙橋 博 准教授 海水除染システムの構築 -ゼオライト吸脱着工程のクローズド化- 
布田 潔 准教授 熱電変換材料開発を軸とした地域の環境資源の枠組みに関する考察 
大川 浩一 准教授 超音波による化学反応を利用した電池材料や環境浄化材料の合成に関する研究 
井上 幸彦 講師 有機反応化学および機能性高分子化学に関する研究 
小笠原 正剛 講師 機能性多孔質材料や有機無機複合体の調製に関する研究 
松本 和也 講師 機能性高分子の合成および物性に関する研究 
加藤 貴宏 助教 二次資源からの有価金属回収技術開発に関する研究 
北林 茂明 助教 チタニア/マイカ複合化光触媒の調製とキャラクタリゼーション 
芳賀 一寿 助教 金属資源の有効利用に資する高度資源処理技術の開発に関する研究 
山下 剛司 助教 第四級オニウム塩ヒドロゲルの膨潤挙動における四級塩構造の影響 
横田 早希 助教 遺伝子組換え技術を利用した機能性物質の創製 
中村 彩乃 助教 新規凝集剤・吸着剤の開発とその磁気分離への応用