本文へスキップ

秋田大学

タイトル


材料理工学コース

コース(プログラム)の学習・教育目標

材料理工学コースでは,「地球環境や社会基盤を支える金属,セラミックス,半導体などの機能材料に関わる深い知識と教養を身につけ,研究・開発および生産技術を前に進める能力を備え,豊かな地域の創生,国内・国際社会の発展に貢献できる人材」を養成することを目指している。この目的のために,以下に示す(A)~(L)の知識や能力が学生諸君に身につくように,入学から卒業までの教育体制を整備している。

材料工学に関する知識と能力

(A)材料の性質,機能,生産プロセスに関する知識とそれらを応用できる能力

  • 材料の構造および構造と性質との関連に関する学習
  • 材料を製造するためのプロセスとプロセスの物理的,化学的基礎に関する学習
  • 材料の持つ機能および機能の発現と応用に関する学習

(B)材料の特性の測定法,解析法,評価法に関する基礎知識とそれらを応用できる能力

  • 材料の各種の試験法と解析法に関する学習
  • 実験の計画と実施に関する学習

科学技術一般に関する知識と能力

(C)工学を理解するうえで必要な数学,物理学,化学に関する基礎知識とそれらを工学に応用できる能力

  • 線形代数学,微積分学などの基礎数学に関する学習
  • 力学,電磁気学などの基礎物理学に関する学習
  • 固体化学,物理化学などの基礎化学に関する学習

(D)コンピュータによる計算,情報処理,制御に関する基礎知識とそれらを活用できる能力

  • コンピュータソフトウェアの利用に関する学習
  • コンピュータ援用に関する学習

技術者としての素養

(E)課題を分析し,総合的に検討して解決方法を提案できる能力

  • 与えられた課題に取り組み,種々の技術的知識を用いて解決する練習

(F)研究・開発の調査,計画,実施,評価を自主的かつ継続的に遂行し,まとめる能力

  • 研究課題を策定し,与えられた制約下で自立して一定期間内に研究を行い,まとめる練習

(G)研究活動と社会の関わりや企業における組織とチームワークを理解して行動する能力

  • 企業での研究および生産活動に関する学習

(H)英語の基礎力と技術的英語の運用能力 

  • 英語のリーディングやライティングなどに関する学習
  • 技術英語に関する学習

(I)報告書作成のための論理的な文章の作成能力 

  • 報告書および論文の文章作成の練習

(J)口頭発表および討論のための技術的基礎知識とその運用能力

  • プレゼンテーションのための各種の手段・方法の学習
  • 発表および討論の練習

社会の構成員としての素養 

(K)社会人として必要な人文・社会学的基礎知識とそれに基づいて広い視野から考える能力

  • 技術者倫理を含む幅広い人文・社会学分野の学習

(L)環境と安全に関する基礎知識および管理・対処能力

  • 環境の評価と安全管理に関する学習
  • 事故への対処に関する学習