本文へスキップ

秋田大学

タイトル


創造生産工学コース

コース(プログラム)の学習・教育目標

創造生産工学コースでは,「ものづくり」の基盤をなす機械工学を中心に,宇宙工学,電気電子工学,情報工学等の幅広い基礎知識を備え,未知の問題に果敢に挑戦し,創造的な「ものづくり」を通して地域社会に貢献できる人材の育成を目指しています。
 この目的のために,以下の(A)~(D)に定めた学習・教育目標の知識や能力が学生諸君に身につくように,入学から卒業までの学習環境と教育体制を準備しています。

(A)世界的な視野からの教養と倫理観を持ち,適切に判断できる能力。

具体的内容:
(A)-1 世界における技術の位置づけと独創性を掌握できる能力。
(A)-2 技術者として必要な教養に関する基礎知識。
(A)-3 技術者としての倫理観を持ち,技術が人と環境に及ぼす影響を理解する能力。
対応科目:
教養教育科目の「現代社会」,「人間と文化」,「科学の探究」,「生活と保健」,「地域社会」,「技能の活用」,「スポーツ文化科目」
専門教育科目の「知的財産権概論」,「基礎地球科学」,「鉱物学概論」,「技術史」,「テクノキャリアゼミ」,「環境と安全」,「ものづくりの倫理」,「技術者倫理」

(B)科学的な基礎知識を持ち,工学分野に応用できる能力。

  具体的内容:
(B)-1 工学に必要な数学,物理,化学に関する基礎知識とそれらを応用できる能力。
(B)-2 コンピュータによる情報処理に関する基礎知識とそれらを応用できる能力。
対応科目:
基礎教育科目として,「基礎物理学Ⅰ,Ⅱ」,「基礎物理学実験」,「基礎数学Ⅰ~ⅴ」,「基礎化学Ⅰ~Ⅲ」,「情報処理の技法」
専門教育課科目の「応用数学Ⅰ,Ⅱ」,「確率統計」,「数理計画法」,「品質管理」,「ものづくりの確率統計・品質管理」,「マトリクス構造解析」,「数値計算」,「コンピュータ援用工学」,「コンピュータシステム学」,「情報システム学」,「コンピュータアーキテクチャ」

(C)幅広い工学の専門知識と技術を習得して,ものづくりに応用できる能力。

 具体的内容:
(C)-1 機械工学に関連する専門知識や技術を習得し,それらを応用できる能力。
(C)-2 宇宙工学に関連する専門知識と技術を習得し,それらを応用できる能力。
(C)-3 電気電子工学,情報工学等,工学全般に関連する知識とそれらを応用できる能力
(C)-4 創造的な実践教育を通じて実験法,加工法,計測法,データ解析法および安全に関する知識と技術を習得し活用できる能力。
対応科目:
基礎教育科目の「基礎物理学実験」
専門教育科目の「基礎機械力学」,「機械力学」,「基礎熱工学」,「基礎流体工学」,「熱流体力学」,「材料工学」,「基礎材料力学」,「材料力学」,「設計工学」,「価値工学」,「創造製作学」,「材料プロセス学」,「加工プロセス学」,「交通工学」,「宇宙科学基礎」,「宇宙工学基礎」,「ロケット設計工学」,「宇宙機ダイナミクス」,「宇宙推進工学」,「人工衛星工学」,「実践の機械設計」,「ものづくりのための製作法」,「システム電気回路」,「システム電子回路」,「電力工学」,「電気工学概論」,「電子工学概論」,「情報通信工学概論」,「ディジタル制御工学」,「計測工学」,「創造生産実習」,「創造生産工学実験」,「機械製図」,「設計製図Ⅰ~Ⅲ」

(D)技術者に必要な行動様式を獲得して,それに基づいて行動できる能力。

 具体的内容:
(D)-1 工学上の課題を発見・分析し,協同して解決策を検討できるプロジェクト遂行能力
(D)-2 課題に対して自主的に取り組み,論理的な文書で報告書をまとめる能力。
(D)-3 外国語の基礎的な理解力と英語によるコミュニケーションの基礎力
(D)-4 日本語による口頭発表力と論理的な討論力
対応科目:
教養教育科目の「初年次ゼミ」,「国際言語科目」
専門教育科目の「文章表現法」,「研究プロポーザル」,「ボランティア参加」,「ものづくり基礎実践」,「プロジェクト実践研究Ⅰ,Ⅱ」,「プロジェクト活動Ⅰ,Ⅱ」,「卒業課題研究」,「外国文献講読」,「インターンシップⅠ,Ⅱ」,「科学英語」,「工業英語演習」,「テクニカルコミュニケーション」